違ったアングルからの拡大写真をご希望の方はNoとその旨を明記の上、Mailをお送り下さい。
質問等がございましたら、お気軽にMailをお送り下さい。
気に入った商品がございましたら、注文方法をご覧下さい。
No.20082001
純銀小槌置物。 50年位前の作。

刻印はありませんが、純銀製品の打出の小槌の置物です。小槌は宝尽くしの内の一つでお目出たい吉祥文様になります。本作品は、純銀を使用して型枠にはめ込んで成形して部分的に渡金も施して見た目にアクセントを付けています。文様も丁寧にシッカリ彫っており〔画像〕上手作品です。床置きや、違い棚に飾って頂くのに最適です。桐箱付き
状態良好1基あります。
6.0cmW×13.0cmL×6.0cmH
   売約済


No.20082005
伊藤若冲筆 紙本墨絵唐人物文掛軸。 宝暦〜寛政頃。

本紙は、紙本になり墨絵の黒の濃淡を巧みに使い大胆に唐人物〔画像を描いた御掛軸です。表装は、ある程度の月日で表装替えされており〔画像、初表装ではありませんが、その分全体の状態は最良となっています。中央から右上に藤女鈞印(とうじょきんいん)下に若冲居士(じゃくちゅうこじ)の丸印が押されています。全体的にまとまった作品です。合わせ箱付。
状態良好1巾あります。
約61.0cmW×約195.0cmH
      売約済

伊藤若冲 (1716年3月1日<正徳6年2月8日>-1800年10月27日<寛政12年9月10日>)は、江戸時代の画家名は汝鈞(じょきん)、は景和(けいわ)。斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)、心遠館(しんえんかん)、錦街居士ともす。


No.20081002 \30,000(1器)
平戸染付風景山水文水孟。 文化〜文政頃。

白い綺麗な生地にダミ絵を上手く使って風景山水文を描いた平戸作品になります。水孟とは、書道具の一つで墨をする為に水を蓄えておく道具になります。このタイプの作品の殆どは平戸作品で、草花や唐子文様を多く描いています。比較的本作品のような山水文を描いているのは稀で、塔などを描いている家屋や風景模様、舟に人物を描いているなど、細かい絵付けをして見て楽しんで頂ける作品です。
傷なし1器あります。
8.3cmW×5.0cmH
別側面 斜め上から
 斜め裏


No.20080104
染付花唐草文6角香炉。 享保。

置香炉としては、やや大振りの作品になります。上部縁にはダミの濃淡を活かして文様を描いて、側面上部巾1cm程には格子文様、下には上手の花唐草文様を丁寧に描いています。底には釉薬を掛けずに丸い低めの足を3ツ成形しています。若干染付の色合いが濃いタイプになり重厚なイメージに仕上がっています。縁に釉薬溜まりがありますが、問題ないでしょう。お床飾りに最適ですね♪
傷なし1器あります。
11.3cmW×8.8cmH
     売約済
斜め上から 斜め裏


正面 後ろ 斜め裏
斜め上から 
No.20071001 \55,000(1器)
眠平染付双魚文片口。 江戸後期。

淡路島眠平焼の作品になります。中国呉須作品を見本に制作した作品で表、裏に魚文を描いています。この様なタイプの作品は大皿、大鉢系統が作品の殆どを占めており片口に制作されているのは、殆ど見た記憶がなく、珍しい数少ない物だと思います。全体的に貫入が入っていますが、生地の柔らかい陶器作品なのでっ傷ではありません釉薬切れがありますが、見た目問題なく逆に味があって良い感じに仕上がっています
傷なし1器あります。
約15.5cmW×約6.3cmH


No.20071002 \30,000(1器)
染付微塵唐草文小蓋物。 天保頃。

天保期微塵唐草文の小振りの可愛い蓋物です。微塵唐草の描き方も細かく描かれ蓋の摘みも持ち易く成形されているので良い感じです。丸みのある可愛い器形で生地も綺麗で染付の発色も良く、何気に飾って頂いても、珍味を入れて楽しんで頂いても良いでしょう。
傷なし1器あります。
約9.5cmW×約6.5cmH
 内側


斜め上から 
No.20062003 \90,000(1本)
金工鉄地金象嵌風景文飾り花生。 明治。

本作品は下地に鉄を使用し文様を彫り込んで金を焼き付ける金象嵌を施した作品になります。非常に細かい絵付けの彫り込みで2面に日本名所〔画像〕、1面に草花、1面に龍文を描いています。全体には、亀甲に草花文を細かく描いており、金象嵌の状態も非常に良い状態に保たれています。明治期美術工芸の超絶技法をお楽しみ下さい
状態良好1本あります。
約5.0cmW×約12.0cmH


No.20062004 \90,000(1本)
金工鉄地金象嵌草風景花鳥文飾り花生。 明治。

本作品は下地に鉄を使用し文様を彫り込んで金を焼き付ける金象嵌を施した作品になります。非常に細かい絵付けの彫り込みで1面に日本名所、1面に花鳥文を描いています。全体には、幾何学的に草花文を細かく描いており、金象嵌の状態も非常に良い状態に保たれています。明治期美術工芸の超絶技法をお楽しみ下さい
状態良好1本あります。
約3.7cmW×約8.0cmW
斜め上から 


No.20031002 \135,000(1器)
平戸染付千鳥文水指。 文化〜文政頃。

平戸独特の真っ白い生地に蓋、身全体に千鳥が飛んでいる様を文様かした水指です。染付の色合いも美しく江戸後期平戸作品として最高補に位置する作品と言って良いでしょう。平戸作品の水指は意外と数少ないと思います。水指としては大振りのサイズで見た目に迫力もあり飾って鑑賞するのも良いと思います。共蓋も健在で塗の替蓋も添えられており、大切に扱われ伝世した作品です。高台に窯傷がありますが、内側には抜けていません。新調した塗箱付。
傷なし1器あります。
18.8cmW×20.0cmH
別側面 斜め上
内側


斜め横 斜め上から
内側 
No.20030101 \38,000(1器)
新渡染付花幾何学文角形小段重。 清朝末。

清渡染付の可愛い段重です。面の余す所なく染付のダミを使用して放射線状の絵付けと細かい丸い図柄を幾何学的に描き花文様を描いています。見た目がとても可愛いイメージでお洒落な作品になっています。小物コレクターの皆さん或いは洒落た食卓を演出したい皆様にお勧め致します。傷も一切なく大切に伝わった作品です。
傷なし1器あります。
6.0cmW×5.5cmL×9.0cmH


No.19122004
染付蛸唐草文沈香壷。 文化頃。

蛸唐草文の沈香壷です。元々は共蓋があった作品ですが、現在はありません。元々沈香壷は、欧州からの注文により制作された壷で、実際にお香を入れて保管していた物ではありませんが、国内では、生活の様式に合わせて使い易い大きさの壷が制作されました。勿論、飾りとして使っていた作品もありますが、当時の調味料の保管などに使用されていました。本作品は、大きさ的に飾り、使用共に活用できる大きさになっています。全体に蛸唐草文を描いた作品で壷自体の姿形も良く、雰囲気のある作品です。花活けとして使用しても良いですね。
傷なし1器あります。
約20.0cmW×約24.0cmH      展示即売会出品中
斜め裏 


斜め裏 内側
蓋表 
蓋内側
No.19092003
染付牡丹唐草文大蓋物。 享保。

身、蓋共に綺麗な牡丹唐草文を描いた大きな蓋物です。摘みの内側に大明年製の銘を描いて摘み周りには櫛文様を丁寧に描き蓋の縁周りを染付で塗り潰す事によって見た目にアクセントを付けています。丸みのある器形も雰囲気良く仕上がっていて良い感じです。身内側には若干のシミ、ヒッツキがありますが、問題ないでしょう。このタイプの作品の無傷は数少ない貴重な物ですので、お勧め致します。桐箱付。
傷なし1器あります。
23.2cmW×19.5cmH      展示即売会出品中


別側面 斜め上から
 斜め裏
No.19052001 \20,000(1器)
染付花鳥文振出し。 天保。

白磁を活かし草花(種類不明)を描きポイント的に2羽の蝶を描き、蓋部分にも可愛い蝶々が描かれています。振出しとしては若干小振りの丸みのある可愛い器形となっています。殆どの作品に蓋は長い年月の内に傷が入ったり、無くなったりしている為、本作品の様に共蓋が付いているのは数少なく貴重な作です。桐箱付。
傷なし1器あります。
約7.0cmW×約6.0cmH


斜め上から 
 
No.19042001\60,000(1セット)
蒔絵牡丹唐草文碁器、碁盤ミニチュアセット。 江戸後期。

本作品は、碁器〔画像、碁盤共に木地より成形され通常の碁盤と同じ制作過程を経て制作された作品です。碁器には漆塗りが施され金蒔絵にて牡丹唐草文、碁盤の側面にも漆塗りを施して牡丹唐草文を描いています。裏面も丁寧に作られており、碁盤の足の成形も丁寧に彫られています。碁石は石から出来ていると思われますが、種類は不明です。飾って可愛い雰囲気の良い感じの作品です。若干の擦れ、小さな当たりがありますが、鑑賞に問題ない範囲です。合わせ箱付。
状態良好1セットあります。
碁器   約4.5cmW×約4.2cmH
碁盤   約17.5cmW×約18.7cmL×約10.6cmH


No.19022001 \20,000(1個)〔A:画像, B:画像〕
        \38,000(2個)
金地箔絵花鳥文貝合わせ。 江戸後期。

天然の蛤貝を使用して内側に金箔を張り岩絵の具を使用して細かく丁寧に花鳥文を描いた貝合わせです。貝合わせとは、平安時代より伝わる遊びで元々は貝殻の色合いや美しさ、珍しさを競うものでしたが、江戸時代に入ってから裏返した貝殻のペアを選ぶ遊びとなりました。当時の大名道具で貝桶に入れて花嫁道具として制作された作品です。
本品も当時の御道具として制作された作品です。絵の具の色合いも美しく非常に状態の良い作品です。
状態良好2個あります。バラ売り、セット売り、どちらでも可
約8.0cmW×約6.5cmL×約2.7cmH(1枚)


No.18112004 \35,000(1個)
青磁輪線文足付香炉。 享保。

古伊万里青磁の三ツ足の香炉です。このタイプの作品の殆どが生地に凹凸が無く青磁釉薬のみの作品ですが、本作品は若干の凹凸を入れて胴回りに輪線文様を表現した珍しいタイプの作品です。青磁釉薬の色合いも綺麗で良い感じです。
傷なし1器あります。
7.8cmW×6.0cmH
 斜め裏


No.18080103 \130,000(1巾)
長崎派絹本猿文掛軸。 江戸中期。

大木からぶら下がって枝を掴んでいる猿の様子を描いた長崎派の御掛軸です。本紙は絹本に描かれ、表装も初表装になっています。猿の姿に動きがあって良い感じです。朱印があり軸裏、箱に長崎派 霊斎憎筆と書かれています〔画像が、詳細は不明です。時代的には江戸中期と表示していますが200年〜250年程度経過した作品です。表装も初表装と言う事もあり、若干の痛み、補修があります〔画像〕がお掛けになって鑑賞するのに問題ない範囲です。
状態良好1巾あります。
約36.0cmW×約127.0cmH


No.18012002 \38,000(1器:傷なし)
        \33,000(1器:擦れ傷有)
        \68,000(ペア)
無線七宝流水ニ草花文小花生。 明治。

無線七宝の可愛い花生け一対です。欧州からの注文により制作されたと思います。全体に淡いグリーンで覆い優しい絵付けで流水に草花文を描いています。少し時期が早いですが、夏飾りに良い雰囲気ですね♪1器に鑑賞に問題ない程度ですが、擦れ傷がありお値段に差を付けています
状態良好1対あります。
約7.0cmW×約12.0cmH
別側面 斜め上から
斜め裏


別側面 
斜め上から  
No.17101001 \70,000(1個)
古銅オモダカニ川蝉文置物。 江戸後期。

本作品は、水辺に川蝉が舞い降りて小魚を食べている様子を古銅の作品として表現した置物です。台部分を流水にしてバックに大きくオモダカ、その前に可愛い川蝉が舞い降りています。流水、オモダカ部分を、それぞれ蝋型に入れて接合しています。古銅の置物としては意匠が面白く床置きに良い感じです。
状態良好1個あります。
約25.0cmW×約8.1cmL×18.0cmH


内側 斜め裏
No.16122003 \110,000(1器)
        \200,000(対)
鉄地松竹梅文銚子。 寛政頃。

本体は鉄地を使用したお銚子の名品です。手持ち部分に松文、面取りになった側面に文を表現しています。お銚子の蓋は通常は、鉄、銅、塗の3種類のどれかのパターンですが、本品は、伊万里染付の蓋〔〕を特別に注文して制作した作品です。注ぎ口と蓋手持ち部分には銀を使用して豪華な作りになっています。
全体にシッカリした作りになっています。一対入る初箱付。
傷なし2器あります。
22.0cmW(注ぎ口含)×17.0cmH


別側面
No.16111003 \135,000(1個)
古銅波、水晶付置物。 江戸後期。

古銅で型取りの荒波〔画像〕、その上に水晶玉を3個乗せるように作られた可愛い置物です。別に富士山の形をした水晶があり荒波の奥に富士山が見える意匠を再現していて、お洒落な商品です。水晶玉は3個ありますが、波に日の出を表した意匠で1個飾っても良いでしょう。お正月のお床や違い棚の飾りに最適な商品です。古箱付。
傷なし1個あります。
約10.5cmW×約10.0cmH(水晶共)


No.16092002 \35,000(1器)
青華唐草文花生。 江戸後期〜明治初頭。

中国清朝後期の青華花生です。首、胴部分に唐花文を唐草系に描き、肩部分には窓抜きの中に草花文を丁寧に描いています。姿形良く生地も白く染付の色合いも良い出来に仕上がっています。
傷なし1器あります。
約15.2cmW×約29.5cmH


別側面 上から
斜め裏
No.16082001 \50,000(1器)
京薩摩扇面文三足香炉。 明治。

下地に黒の釉薬を使用した珍しい京薩摩の香炉です。扇面散らしを全体に描き扇面の中には牡丹花を綺麗に描いています。器形は三足の丸型に成形されています。
傷なし1器あります。
7.9cmW×6.2cmH


別側面 斜め横
No.16082003 \75,000(1器)
染付風景ニ馬文瓢箪形徳利。 文化〜文政。

白磁を活かしつつ山水風景文に馬文を描いた瓢箪形の徳利です。生地白く染付の色合いも綺麗に仕上がっています。細身の瓢箪形が美しくスッキリしたイメージです。裏部分はベタ高台になっています。高台外側に2か所当たり(ソゲ)〔画像〕がありますが、鑑賞に問題ない範囲です。
殆ど傷なし1器あります。
約11.5cmW×約21.5cmH


 
No.15060101 \5,000(1セット)
ロイヤルドルトン製デミタスコーヒーカップ&ソーサー。 25年前の作。

イギリス最大級の陶磁器メーカーで、1815年にジョン・ドルトンによって設立されました。本品は、裏のサインにより1990年に制作された商品だと分かります。白磁を活かし緑釉と金彩で絵付けし、上品に仕上がっています。
傷なし1セットあります。
カップ    5.8cmW(口径)×6.9cmH
ソーサー  13.0cmW×1.5cmH


No.14122003 \200,000(1器)
平戸赤絵樽形酒徳利。 明和頃。

器形を酒樽形に成型した珍しい酒徳利です。胴部分には白磁に染付のダミに陽刻を使用して酒樽のイメージを演出し、上部には赤の釉薬を下地に金唐草文に寿の文字を2ヶ所描いています。持ち手部分も松の形を表現して細かい仕事をしており、平戸らしい作品に仕上がっています。蓋は平たい蓋は焼き物で、もう一つの蓋は木製で作られています。焼き物の蓋にはホツの修理胴部分に一部釉薬切れがありますが、見た目問題ない範囲です。「平戸焼 酒入」と書かれた初箱に入り伝世した商品ですが、作品の殆どが染付作品の多い平戸商品の中で赤絵を使用した商品は稀な作品で、数少ないと思います
本体傷なし(蓋修理有)が1器あります。
約14.0cmW×約19.0cmH(持ち手含)    


後ろから
上から 
No.14032001 \30,000(1個)
色彩子犬置物。 30〜40年位前の作。

作者は、兵庫県に現在も窯のある、和田桐山(こうざん)作で現在は、4代目と5代目が活躍しています。本品は、3代目桐山の作だと思います。窯の歴史としては今年100周年になると聞いております。2匹の子犬がじゃれ合っている姿を表した可愛い置物です。円山応挙が好んで描いた子犬の図を題材にして製作したものだと思います。狗年の方、犬好きの方にお勧めしたい作品です。共箱付き〔画像〕。
傷なし1個あります。
約17.5cmW×約15.0cmL×約11.0cmH


No.13112001 \18,000(大、中、小 セット)
白磁鯉形置物。 幕末〜明治。

可愛い大きさの白磁鯉の置物です。平戸系だと思いますが、裏に彫銘(見え難いですが、栄仙作と見えます)が入っています。3匹とも大きさ、姿形が違い飾り方によって色々な角度から楽しむ事が出来ます。お正月の床飾り等々に良いですね♪
傷なし1セットあります。
 大 約22.0cmW×約8.0cmL×約6.1cmH[横上からお腹
 中 約19.8cmW×約7.0cmL×約6.0cmH[横
 小 約16.5cmW×約4.7cmL×約5.5cmH[横


燗瓶[側面 上から 斜め裏 ]
盃[内側]
No.13052001 \15,000(セット)
錫半製酒器セット。 30〜40年位前の作。

本錫を使用した大阪錫半製の酒器セットです。シルバーの様に輝いて、とても綺麗です。燗瓶は上半分には細かく四角に面取りをして、下半分には輪線模様、盃も側面に輪線模様にして、とても凝った作品に仕上がっています。桐箱付。
状態良好1セットあります。
燗瓶 約5.5cmW(本体)×約10.7cmH
 盃  約4.9cmW×2.0cmH


別側面 上から
内側 
No.12042001 \60,000(1器)
染錦桜花散し文棗。 文化頃。

全体に桜花を散し、蓋には烏帽子、身には、銀杏葉、短冊に筆文を描いた御棗です。桜花文が図柄のメインですが、烏帽子、銀杏、短冊文をポイント的に描く事によって、季節を選ばず1年中お使い頂ける様になっています。棗の大きさとしては、少々小振りな寸法になります。焼き物の棗は非常に数が少なく、有っても瀬戸焼が殆どで、伊万里本窯で製作された棗は本当に稀です。状態も、とても良い状態です。合わせ箱付き。
傷なし1器あります。
6.7cmW×6.1cmH 


No.11012002 \195,000(1器)
薩摩花文薬味入。 幕末〜明治。

とても可愛らしい薩摩焼の薬味入です。小さな面に細かい丁寧な絵付けで4面にそれぞれ4種類の花模様を描いています。生地も白く絵付けの色合いが生きています。豆香炉としても使用可能です。小品ながら上手の作で数少ない希少価値のある商品です。
傷なし1器あります。
約5.7cmW×約4.5cmL×約6.0cmH
別側面
内側 


後ろ姿 
斜め上から
No.11010101 \55,000(1個)
古銅兎置き物。 江戸後期。

今年の干支と言う事で新年最初の一品は兎の置き物です。形に流し込んだ鋳物になります。ふっくらとした可愛い身体つきに耳がピンとしていて姿が良いです。飾って楽しんで頂きたいと思います。
状態良好が1個あります。
約15.0cmW×約11.0cmL×約18.5cmH


No.10030102 \ 35,000(1客)
         \160,000(5客セット)
a平焼鳳凰文輪花6寸皿。 江戸後期〜明治初頭。

黄南京写しの淡路a平焼の6寸皿です。このタイプのお皿で数が揃ってあるのは、珍しいでしょう。全体的に黄色の釉薬で塗り潰して主に緑と紫の釉薬で鳳凰文を描いています。図柄は陰刻で表現されています。陶器質の焼物ですが、薄手に出来ていて感じが良いです。
傷なし10 8客あります。バラ売り、セット売り、どちらでも可
18.2cmW×3.5cmH           2客売約済


No.10030104 \230,000(1客)
a平焼三彩文兜形皿。 江戸後期〜明治初頭。

唐三彩写しの淡路a平焼のお皿です。寸法が8.5寸あり貴重で製作当時より1枚ものとして製作されたものでしょう。三彩の色合いがとても艶やかで良い雰囲気を演出しています。裏は、高台の内側のみ上釉薬が掛かっており、外側は上釉薬が掛かっていない珍しいタイプです。裏に窯傷がありますが、問題ない範囲でしょう。
傷なし1客あります。
25.2cmW×4.8cmH


胴部分 台部分
天板部分(裏)
No.10011003 \200,000(1器)
平戸染付牡丹ニ獅子文薄端式花生。 天保頃。

薄端の殆どが銅器で出来た物が多いですが、本品の様に焼き物の薄端は数が少なく貴重な物です。焼き物の場合でも瀬戸焼が殆どで本品のように平戸で製作された商品はより貴重でしょう。三つ足に胴部分には牡丹、獅子文を花生け部分の天板には小魚を描いて清涼感を出しています。天板裏部分にシワ状の窯傷表縁に1ヶ所窯傷状のホツがありますが、双方共に観賞には問題ない程度です。生地白く、染付も綺麗で上手の作品です。
殆ど傷なし1器あります。
29.7cmW×26.0cmH


No.9021001 \200,000(1器)
a平焼色絵十清(十支)文台鉢。 明治。

淡路a平焼の綺麗な台鉢です。菓子鉢に最適です。初代a平に同じ器形の商品が存在します。a平焼には色々なタイプの商品がありますが、御茶道具系統を除き、その殆どが呉須、呉須赤絵などの中国の写しを得意としています。その中でも、黄南京写しの商品には上手の物が多く、今回のように、外黄色、内色絵の上手の商品は中々ありません。図柄には10種類の花模様が描かれ清く目出度い花模様ばかりで、十清(十支)と言われ長寿を願った図柄になっています。付です。
傷なし1器あります。
19.8cmW×10.2cmH


No.8010105 \250,000(1枚)
        \470,000(ペア)
金地肉筆源氏物語絵色紙額。 江戸中期。

源氏54帖の内の2つのシーン(行幸若紫)の色紙額になります。色紙としては相当大振りです。元々は屏風に貼っていたか、画帳だった物だと思われます。数十年前に本金の額に色紙を貼っています。絵の具も良質で絵筋ももちろん良いです。若紫のシーンの額の右上の隅に少し金の部分が裂けていますが、問題ない範囲(修理して抑える事は可能)です。お部屋の壁掛けのインテリアとしては最高でしょう。
額色紙2枚あります。1枚売り、ペア売り、どちらでも可
 額 :82.0cmW×55cmH
本紙 :66.0cmW×55cmH


別側面 斜め上から 
No.7081001 \130,000(1個)
古銅オランダ人文ローソク立て。 江戸中期末〜後期。

小型のローソク立てです。中央の部分にオランダ人が窓から覗いているような図柄になっています。オランダ人の模様を使った商品は、絵画、焼き物等々に使用されていますが、昔より南蛮美術の評価の影響で重宝されています。銅器も例外ではなく、このローソク立ても非常に珍しい珍品です。
傷無し1個あります。
6.6cmW(台の直径)×14.5cmH


別側面1 別側面1 別側面3 
No.7032003 \65,000(1器)
染付瓢箪形花生。 天保〜幕末。

周りを竹節にして、器形を瓢箪型にした珍しい瀬戸焼の商品です。見込みにも竹を細いラインの絵付けで綺麗に描いています。場所的に絵付けをし難い感じなので当時の職人さんは器用だったんだと感心してしまいます。数的には少ないタイプの商品です。剣山を使って花生けに使用するか、或いは菓子器としても使用可能だと思います。
傷無し1器あります。
約17.5cmW×約13.2cmL×約7.5cmH


No.6110104 \85,000(1器)
染付山水文蓋付き壷。 文化〜天保。

大、小の大きさに関係なく元々蓋の付いていた壷は蓋が壊れて一緒に伝世しないのが殆どですが、この壷は綺麗な状態で伝世して出てきました。前面に細かく山水模様を描いています。平たい蓋の形も数少なく良いと思います。蓋裏に5箇所程ホツ〔画像〕がありますが、鑑賞には問題ありません
傷無し1器あります。
約15.5cmW×約14.0cmH
別側面 上から 


上から 
No.6082001 \80,000(1器)
染付幾何学文水指。 明治。

江戸期の古伊万里で正味最初から水指として制作されているのは少なく、瀬戸焼を代表する地方国焼がその殆どをまかなっていました。明治に入って瀬戸方面でも上質の染付磁器が少なくなり、京焼が上質の染付磁器を制作出来ると注目されました。この水指もその頃の作品です。全体に幾何学文様を細かく絵付けした、染付の色合いがとても綺麗な水指です。三方の窓にはそれぞれ松竹梅と唐子の模様になっています。蓋の摘みの付け根に1ヵ所少々のジカンがありますが、ご使用には問題ありません和楽庵 昭阿弥 と裏に銘が入っています。
傷無し(蓋摘み付け根にジカン)が1器あります。
14.0cmW×20.0cmH


別側面1 別側面2 
No.6070103 \135,000(1器)
染付亀甲文6角銚子。 文化〜天保。

蓋と側面に亀甲文を散らし肩に唐草を描いた品のある平戸の銚子です。平戸らしい生地の白さと美しい染付に目を惹かれます。裏も三つ足になっていて作品としての評価も上がります。手付きには錫製の手が付いています。肩内側(蓋が重なる外側)に1箇所小さなホツがあり、ペーパーで擦っていますが全体的に見て目立つものではありません。飾りにも良し、アルコール、出汁入れなどに良いと思います。
殆ど傷無しが1器あります。
約16.0cmW(注ぎ口含む)×約16.0cmH(手含む)


No.6040102 \130,000(1器)
染付丸文蒸し段重。 天保。

一見、普通の丸型段重に見えますが、蓋を開けて見ると下まで穴が空き繋がっています。これは、昔暖かい食べ物を食卓にて暖かく保つ為に使われた器で工夫をされた物です。一番下にお湯を入れてその湯気で暖かく保っていました。とても数が少ない物で私自身もこの20年少々の間に初めて仕入れました。殆ど無傷状態ですが、巾3mmまでのノミソゲ〔画像1画像2〕が3箇所あります。
殆ど傷無しが1器あります。
16.7cmW×25.0cmH 
内側 最下段〔裏〕


上から 
No.5052003  \180,000(1客)
古平戸色絵酒次。文化頃。

全体に菊文を散らした、平戸の酒次です。色を使った事自体が非常に珍しいです。注ぎ口の周りに釉薬切れと小さなノミホツがありますが、無傷感覚で大丈夫です。数少ない1品です。
殆んど傷無し(注ぎ口に釉薬切れ)あります。
約18,0cmW(注ぎ口まで)×約15,0cmH(手を含む)


No.5041002 \38,000(1客)
染付馬ニ人物文火入れ。 天保頃。

火入れとしては少し大振りのサイズになっています。図変わりの面白い図柄になっています。傘を持った人物は日本人で馬に乗った人物は中国人だと思います。何かの物語の1シーンでしょうか?図柄の由来に興味が出ますね。縁の周りに少し釉切れがありますが、気にならない程度です。
傷無し1客あります。
11.5cmW×10,2cmH
別側面 上から 


 
No4091001 \80,000(1客)
オランダ焼角形蓋物。幕末〜明治。

オランダ方面の焼き物です。土が軟らかく全体があま手になっていますが、とても綺麗な蓋物です。無傷で、残っていてくれた事が、とても嬉しいですね。和・洋・中と、色々な料理に活躍してくれると思います。
傷無し。1客あります。
23.4cmW×16.5cmH

内側  蓋裏
No.4051005 \400,000(1客)
染付波ニ鶴文飯櫃。文化頃。

海の上を優雅に鶴が飛んでいる所を表現しています。絵付けもとても綺麗です。このタイプの商品で完全に傷が無い品は極稀だと思います。
傷無し。1客あります。
22.2cmW×12.0cmH 


No.4040102 \10,000(1客)
大聖寺変形皿。明治。

陣笠の形になった変形皿です。流水に紅葉の図柄が感じが良いですね。若干金彩が擦れていますが、問題ない程度です。
傷無しが4客あります。
19.3cmW×10.8cmL×2.2cmH          高台ホツ売約済   


No.4011001 \12,000(1客)
染付四方形盃台。天保頃。

横側が透かしになった四方の盃台です。上の縁に釉切れがあります。
傷無し。1客あります。
6.8cmW×6.8cmL×5.5cmH


No.3122002 \28,000(1客)
染付潮引き文火入。文化頃。

通常火入れは内側に釉薬はかかっていないのが多いですが、この火入れは内側にも釉薬がかかっています。全体的に染付がにじんでいますが、色合いは綺麗です。
傷無し。1客あります。
11.3cmW×8.7cmH
 上から 
違うアングル


No.3121001 \85,000(1客)
染付アミメ文盃。寛文頃。

古伊万里のアミメ文の盃です。見込みの菊花はこんにゃく印版になっています。アミメ模様も斬新に勢いよく書いています。
傷無し。1客あります。
7.2cmW×3.3cmH


No,3092002 \200,000(傷無し)
三田青磁手桶形花生け。 文化頃。

三田青磁の綺麗な手桶です。この形のもので無傷で状態の良い物は少ないです。通称ビスケットと言う茶色のラインがポイントです。棚の飾りや花生け、或いは菓子器など色々な用途に使えます
傷無しが、1客あります。
15.0cmW×17.0cmW
上から 


左側 後姿 足元
No.2020101 \38,000(1体)
京人形。昭和30年〜40年代。

ポーズをとった、とても可愛い人形です。顔と手はごふんでぬっており、着物はきめこみになっています。状態は良好です。
傷無し。1体あります。
12.0cmW×8.5cmL×16.5cmH


No.080103 \90,000(1客)
錦手三ッ足香炉。享保。

全体を色絵で書いて、ポイントとして菊の花を3方に抜いています。
傷無し。1客のみあります。
8.5cmW×7.0cmH


No.080104 \75,000(1客)
染付波ニ鶴蓋物。天保。

これを買った時、何に使っていたのか考えました。形が珍品です。
シュガー入れなんかに如何でしょか。スプーンは、スプーンたてに入るように削りました。それで宜しければ、スプーン付きです。
傷無し。ですが、内側にしわのような線が、トリアシのように入っています。釉薬の下の生地自体に入っているようなので、ニュウではありません1客のみあります。
11.0cmW×10.cmH
斜め上から


index Mail

茎田美術商
〒776-0010 徳島県吉野川市鴨島町鴨島425-10
TEL(0883)24-2466 FAX(0883)24-6775